このページでは、日本画家・川崎日香浬さんの個展や作品展示の機会があればご紹介したり、川崎さんの作品の中から幾つか抜粋して画像掲載し、少しでもご紹介及び応援に繋がればと考えております。ご遠方の方はもちろん、特に上越市や周辺地域にお住まいの皆様が、個展等に足をお運びいただく機会になれば幸いです。宜しくお願い致します。by渡辺自動車
 
HOME  渡辺自動車の修理について  すぐにご用意できる中古車  リ ン ク  会社概要  川崎日香浬  川崎園  松平忠輝公
 
 
 
渡辺自動車は上越市で活動中の日本画家・川崎日香浬さんを応援しています!!
 
 
新潟県上越市で活動中の日本画家・川崎日香浬さんのご紹介

油彩などの洋画も良いですが、
岩絵の具により日本的な主題を描く
日本古来の画法「日本画」。

古事記の神々や風景を
写実を追究せず
シンプルで大胆な古典日本画で描く
川崎日香浬ワールドを、
皆さんもぜひ一度
ご覧になられてはいかがでしょうか。



by渡辺自動車

 
□ 個展等お知らせ
□ 川崎日香浬略歴
□ 書籍・画集
□ 関連サイト



 
*当サイトの画像を含めた掲載内容全てにつき、無断で使用・複製・改変・公開及び散布することを禁止します。






 
 
 SUWAガラスの里美術館 特別企画展 「 川崎日香浬 日本画展 」  
H29.04-05
 
SUWAガラスの里美術館 特別企画展 川崎日香浬 日本画展 「奴奈川姫と建御名方命 母と子の物語」 会期 2017年4月8日(土)〜5月14日(日) 会場 SUWAガラスの里美術館 入館料 大人600円 中学生以下無料
 
 4月8日(土)から5月14日(日)、長野県諏訪市「SUWAガラスの里美術館」にて、「特別企画展 川崎日香浬 日本画展」が開催されました。

 全国1万社の諏訪神社の本山である信濃国一之宮諏訪大社。その御祭神は地元で“お諏訪さま”の愛称で呼ばれている建御名方命(たけみなかたのみこと)であられます。その父は古事記に出雲の国の大国主命(おおくにぬしのみこと)とあり、その母は先代古事本紀に高志の国の奴奈川姫(ぬながわひめ)とあります。
 この度の個展は、古事記の時代からの、お諏訪様とその母神の物語を、川崎日香浬さんの日本画で紡いだものとなりました。

 
 また併せまして、このたび、川崎日香浬さんの書かれた「古典日本画で読む 神話絵本 お諏訪さま物語」が発売となりました。全国1万社を数える諏訪神社の総本社・信濃国一之宮諏訪大社のご祭神であるお諏訪さま、すなわち建御名方命(タケミナカタノミコト)のご活躍をまとめた1冊です。
「古典日本画で読む 神話絵本 お諏訪さま物語」に関しまして、
このページ下段の≪川崎日香浬さんの書籍・画集ご紹介≫
詳細を記載しております。
 
◆会 場  SUWAガラスの里(美術館)  長野県諏訪市豊田2400−7  電話 0266−57−2000
 
⇒ SUWAガラスの里美術館 >>
⇒ SUWAガラスの里(セレクトショップ・レストラン・ガラス工房 ほか)
 
  ≪個展案内ちらし≫

*クリックすると拡大
 
□報道掲載ご紹介

*クリックすると拡大
 
2017年4月12日
上越タイムス
(2頁「波動」)
 




■報道記事紹介
 新潟日報上越かわらばんで郷土史家土田孝雄先生が連載されている「奴奈川姫ものがたり」2月26日の記事で、川崎日香浬さんが紹介されておりました。ご紹介致します。
 
*クリックすると拡大  
平成29年2月26日
新潟日報上越かわらばん







  出雲国一宮 諏訪大社 作品奉納
H27.11
 
 
 
平成27年11月8日、出雲国一宮 出雲大社に 川崎日香浬さんの作品
「神在月 高志から出雲へ ―古事記編纂千三百年記念」
が奉納されました。

(以下、川崎日香浬日本画活動事務局製作資料より抜粋)
 
平成27年11月8日奉納 11月8日、出雲大社に絵を奉納致しました。安来市の野崎ふしみ先生、糸魚川市より土田孝雄先生、丸山隆志さんに同席を頂いております。奉納絵は神職らの手により仮拝殿に飾られており、出雲大社千家和比古権宮司より感謝状と銀杯を授与されました。七五三で賑わう中、大社の皆様には丁重なるご対応を頂き、本殿まで進み大国主命にご参拝をして参りました。
 
 
 
また11月23日、奉納を記念し記念し
「川崎日香浬 古事記編纂1300年出雲大社 日本画奉納記念祝賀会」
が松江市はホテル一畑にて開催されました。
ゲスト・来賓として、
  出雲市長   長岡 秀人 氏
  松江市副市長 能海 広明 氏
  諏訪市長 金子 ゆかり 氏
  糸魚川市長 米田 徹 氏
  上越市副市長 野口 和広 氏
  安来市文化協会会長    三島 俊夫 氏
  NPO法人出雲学研究所  藤岡 大拙 氏
  糸魚川市郷土史家 土田 孝雄 氏
らが出席し、総勢160名の出席者で
奴奈川姫が結ぶ出雲・諏訪・高志の
古事記にある神代からのご縁を確かめ合いました。

(以下、川崎日香浬日本画活動事務局製作資料より抜粋)
 
 
11月23日祝賀会 11月23日、松江市ホテル一畑にて「川崎日香浬 古事記編纂1300年出雲大社 日本画奉納記念祝賀会」が開催されました。」
11月23日「川崎日香浬 古事記編纂1300年出雲大社 日本画奉納記念祝賀会」の様子
  
 
≪ 川崎日香浬 出雲大社 作品奉納 ご報告 ≫
ご報告は、奉納にあたりご協力・協賛頂いた方に向けて
川崎日香浬日本画活動事務局が製作したものです。
紙媒体で読むことを想定してますので、
2・3及び4・5、6・7頁は見開きの構成になっています。
PDFファイル
 
 
□報道掲載ご紹介

*クリックすると拡大
 
2015年11月10日
山陰中央新報
2015年11月10日
毎日新聞山陰版
2015年9月24日
信濃毎日新聞

2015年11月28日
糸魚川タイムス
2015年12月7日
読売新聞





  出雲国一宮 出雲大社 に作品奉納が決まりました。
H27.08
 
 本年秋、川崎日香浬さんの作品が出雲大社に奉納される事となりました。
 奉納されるのは、川崎さんが古事記編纂千三百年記念として2013年から2015年にかけ描いた作品
 「神在月 ―高志から出雲へ― 」
川崎日香浬「神在月―高志から出雲へ―」出雲大社奉納絵 [無断転載禁止]
   です。
 出雲の神在月に、高志の奴奈川姫が出雲に向かって飛ぶ姿が描かれており、テーマも
そして金箔や朱が鮮やかな画面も、まさに出雲大社に納めるためにあるような作品です。
 この度の奉納は、本年3月に結婚された高円宮典子様と千家国麿さんの祝儀物を納められた方に
中取持ちをいただき実現したものです。
 奉納日は11月8日。今年の神在祭前に奉納されます。



□報道掲載ご紹介

*クリックすると拡大
信濃毎日新聞2015.06.26  
2015年11月3日
上越タイムス (1頁)
2015年9月15日
上越タイムス (6頁)
2015年9月15日
糸魚川タイムス (1頁)






  川崎日香浬さん 諏訪大社上社本宮に作品奉納
H27.06
 
6月25日、川崎日香浬さんの作品「御柱曳行絵図」が諏訪大社上社本宮に奉納されました。
 
6月25日、川崎日香浬さんの作品「御柱曳行絵図」が諏訪大社上社本宮に奉納されました。 6月25日、川崎日香浬さんの作品「御柱曳行絵図」が諏訪大社上社本宮に奉納されました。
 
6月25日、川崎日香浬さんの作品「御柱曳行絵図」が諏訪大社上社本宮に奉納されました。
 
新潟日報2015.06.26
  信濃毎日新聞2015.06.26   □報道掲載ご紹介

*クリックすると拡大
2015年6月26日
新潟日報 (15頁)
2015年6月26日
信濃毎日新聞 (23頁)
 





 
 
  「 諏訪大社奉納記念 川崎日香浬日本画展 」 H27.6
 
諏訪大社奉納記念 川崎日香浬日本画展 〜奴奈川姫と建御名方神―そして、出雲と大和〜 平成27年6月19日(金)〜24日(火) 茅野市美術館 企画展示室
 
諏訪大社奉納記念 川崎日香浬日本画展
〜奴奈川姫と建御名方命―そして、出雲と大和〜

会 期 平成27年6月19日(金)〜24日(火)
会 場 茅野市美術館 企画展示室
主 催 奴奈川姫日本画展実行委員会
共 催 やまぼうしの会
後 援 長野県 長野県教育委員会
     諏訪市 諏訪市教育委員会 茅野市 茅野市教育委員会
     上越市 上越市教育委員会 糸魚川市 糸魚川市教育委員会
     信濃毎日新聞社 エルシーブイ株式会社
展示作品
   ○諏訪大社奉納絵「御柱曳行絵図―式年御造営諏訪大社御柱祭」(横5m40cm×縦110cm)
   ○書籍「列島を制覇した大王―景行天皇 日本武尊伝―」(河村哲夫/志村裕子著 本年6月刊行)挿絵
   ○他、金屏風を中心に近作数十点
 
 川崎日香浬さんの作品「御柱曳行絵図―式年御造営諏訪大社御柱祭」が本年6月に諏訪大社上社本宮に奉納されるにあたり、6月19日より24日まで、茅野市美術館にて個展が開催されました。
 奉納絵の展示に加え、同じく6月に刊行されたばかりの「景行天皇と日本武尊 ―列島を制覇した大王―」(河村哲夫/志村裕子著)に川崎さんが描いた挿絵、他に近作数十点も展示。
 会場には諏訪市や茅野市など地元の方々をはじめ遠方からも多くの来場者があり、諏訪大社に奉納される前に奉納画を間近で鑑賞しました。

 川崎さんいわく、昨年、志村裕子先生により、古事記・日本書紀と並ぶ日本三大通史書「先代旧事本紀」が初めて日本語訳されました。それにより、諏訪神・建御名方命と越の国の奴奈川姫との深いつながりがますます明らかになりました。本個展を通じ、来年に迫りました御柱祭を前に、より一層諏訪神に思いを馳せ大和朝廷より昔の時代からの諏訪と越との縁を感じていただく機会となればとの事です。

 また会期中の20日(土)、諏訪湖ホテル(長野県諏訪市)にて「川崎日香浬 諏訪大社奉納祝賀会」が開催されました。諏訪大社禰宜、諏訪大社大総代夫妻、やまぼうしの会の皆様をはじめとしたご当地である諏訪の皆様。遠方からも、出雲の地よりちぎり絵作家の野崎ふしみ氏、「先代旧事本紀」を翻訳された志村裕子氏、「景行天皇と日本武尊」を刊行されたばかりの河村哲夫氏をはじめ、九州や関東など各地から多くの皆様が出席されました。
 会の主旨として、奉納記念、川崎日香浬さんの祝賀、そして諏訪神・建御名方命とその母神・奴奈川姫から綿々と繋がる諏訪の地と越の国とのご縁を確認しあう文化交流という側面もありました。そうしたこともあり、主賓として、
金子ゆかり諏訪市長、村山秀幸上越市長、米田徹糸魚川市長、田中弘邦上越商工会議所会頭らも公務として出席し、古事記に見られるはるか古代からの縁を紡ぎました。
 総勢76名の華やかな会であり、また、各研究者や支援者同士の交流が図られた貴重な時間となりました。
 
チラシ画像 諏訪大社奉納記念 川崎日香浬日本画展 〜奴奈川姫と建御名方神―そして、出雲と大和〜 平成27年6月19日(金)〜24日(火) 茅野市美術館 企画展示室
  ≪個展案内ちらし≫

*クリックすると拡大
 
「川崎日香浬 諏訪大社先行奉納画展」チラシ画像 平成26年11月3日(月)〜11月9日(日) アトリエLUE(大町5丁目) □報道掲載ご紹介

*クリックすると拡大
2015年6月17日
上越タイムス (11頁)
 




  〜川崎日香浬さんの奴奈川姫が日本酒のラベルに〜
  「大吟醸 賢し女(さかしめ)」「純米吟醸 麗し女(くわしめ)」発売!
H27.03
 
〜川崎日香浬さんの奴奈川姫が日本酒のラベルに〜 「大吟醸 賢し女(さかしめ)」「純米吟醸 麗し女(くわしめ)」
 
 川崎日香浬さんの絵が日本酒のラベルになりました。
 糸魚川市の池田屋酒造協力の下、種類・食品卸の猪又商店より、北陸新幹線開業に合わせて新発売となりました。地酒の普及促進と全国への奴奈川姫PRを狙ったものです。
 古事記に出てくる奴奈川姫の容姿を表す言葉として『「賢し女(さかしめ)」にして「麗し女(くわしめ)」』とある事を郷土史家の土田孝雄先生が解説文として添えています。
 ラベルの姫のお顔を愛でながら、是非ご賞味くださいませ。
 
「川崎日香浬 諏訪大社先行奉納画展」チラシ画像 平成26年11月3日(月)〜11月9日(日) アトリエLUE(大町5丁目)
  □報道掲載ご紹介

*クリックすると拡大
2015年3月24日
上越タイムス





 
 
■  「 川崎日香浬 諏訪大社先行奉納画展 」 H26.11
 
川崎日香浬 諏訪大社先行奉納画展 平成26年11月3日(月)〜11月9日(日) アトリエLUE(大町5丁目)
 
 11月3日(祝)〜9日(日)まで、上越市大町5丁目“アトリエLUE”にて、「川崎日香浬 諏訪大社先行奉納画展」が開催されました。長野県の諏訪大社に奉納される絵を、上越の皆様に先行してお披露目となります。来年、茅野市の美術館にて展示されその後諏訪大社本宮に奉納される絵を中心に屏風や軸などの作品が展示されました。
 
「川崎日香浬 諏訪大社先行奉納画展」チラシ画像 平成26年11月3日(月)〜11月9日(日) アトリエLUE(大町5丁目) 「川崎日香浬 諏訪大社先行奉納画展」チラシ画像 平成26年11月3日(月)〜11月9日(日) アトリエLUE(大町5丁目)
  ≪個展案内ちらし≫

*クリックすると拡大

「川崎日香浬 諏訪大社先行奉納画展」チラシ画像 平成26年11月3日(月)〜11月9日(日) アトリエLUE(大町5丁目)
2014年11月4日
上越タイムス
  □報道掲載ご紹介

*クリックすると拡大
 


 
 
■  「 神在月―高志から出雲へ 川崎日香浬日本画展 」 H25.10 
 
「神在月―高志から出雲へ 川崎日香浬さん 日本画展」 ― 10月24日より29日までの6日間、上越市本町「アートサロン 遊心堂」にて、「神在月―高志から出雲へ」と題して、川崎日香浬さんの日本画展が開催されます。
 
 10月24日より29日までの6日間、上越市本町「アートサロン 遊心堂」にて、「神在月―高志から出雲へ」と題して、川崎日香浬さんの日本画展が開催されました。旧暦の10月は、一般的には神無月と言いますが、八百万の神が集まる出雲では「神在月」と呼んでいます。神々が集まるさまを描いた6メートルを超える作品を初め、小品の茶掛けなどが展示されました。連日多くの方にご来場いただき、また、会期中の土日には、本町通りで「越後謙信SAKEまつり2013」が開催されていたこともあり、盛況のうちに終了いたしました。
 
⇒ アートサロン遊心堂 >>
 
「川崎日香浬 金屏風絵展」ポスター画像 「川崎日香浬 金屏風絵展」 - 奴奈川姫と越後国頚城文化 - 平成22年10月28日〜11月3日 上越市学びの交流館(JR直江津駅前 旧ホテルセンチュリーイカヤ) 「川崎日香浬 金屏風絵展」ポスター画像 「川崎日香浬 金屏風絵展」 - 奴奈川姫と越後国頚城文化 - 平成22年10月28日〜11月3日 上越市学びの交流館(JR直江津駅前 旧ホテルセンチュリーイカヤ)
  ≪個展案内ちらし≫

*クリックすると拡大
 


 
 
■  「 奴奈川姫を描く 川崎日香浬日本画展 」 H25.5-6
 
「奴奈川姫を描く」川崎日香浬日本画展 5月31日〜6月3日 谷村美術館玉翠園 入場料1000円(お抹茶券付)
 
 5月31日より6月3日まで、糸魚川市谷村美術館の玉翠園内にて、「奴奈川姫を描く」と題して川崎日香浬さんの日本画展が開かれました。美しい庭園や美術品を観がてら、多くの来場者で賑わいました。
 
⇒ 谷村美術館 >>
 
「川崎日香浬 金屏風絵展」ポスター画像 「川崎日香浬 金屏風絵展」 - 奴奈川姫と越後国頚城文化 - 平成22年10月28日〜11月3日 上越市学びの交流館(JR直江津駅前 旧ホテルセンチュリーイカヤ)
  ≪個展案内ちらし≫

*クリックするとPDFが開きます。
 


 
 
 
 
 
 
■  「 川崎日香浬 日本画展 」 〜 大国主命と奴奈川姫 〜 H23.10
 
「川崎日香浬 日本画展」〜大国主命と奴奈川姫〜 日程:10月15日〜22日 会場:玉造温泉ゆ〜ゆ(島根県松江市玉造町玉造255)
 
 10月15日より、出雲神話の舞台、島根県玉造温泉にて川崎日香浬さん個展が開催されました。
 川崎さんがテーマとしている奴奈川姫(ヌナガワヒメ)は古事記に登場する高志の国の姫であり、古事記ではその頃「出雲王朝」が日本の中心とされています。その後、国譲りを経て国(古事記では葦原中国(あしはらのなかつくに))の統治は天照大神の子孫へと移り、神武天皇へと続いていきます。古事記にみる神話の神々をテーマとする川崎さんが、出雲神話の舞台である島根県は旧出雲国での個展となりました。
 個展では、日本画の展示はもちろん、新潟県南部を中心に旧高志の国(現在の北陸地方一帯)に残る伝承や祭り、地名が古事記と大きくリンクしているという川崎さんの研究を紹介し、出雲の国と高志の国が、神話時代当時より玉造技術や稲作など文化的にも非常に交流があったことを強く感じさせる構成でした。
 会期中には、和紙工芸家の野崎ふしみ先生、そして地元玉造の出雲玉造資料館館長をお招きした講演会も開催され、“出雲神話時代には高志の国も文化的に大きく関わっている”という川崎さんの古事記研究への熱い思いを出雲(現島根県)の方に訴えかけた1週間となったように感じます。
 
⇒ 玉造温泉ゆ〜ゆ >>
 


 
 
 
 
■  「 川崎日香浬 金屏風絵展 」  H22.10-11
 
「川崎日香浬 金屏風絵展」 - 奴奈川姫と越後国頚城文化 - 平成22年10月28日〜11月3日 上越市学びの交流館(JR直江津駅前 旧ホテルセンチュリーイカヤ)
 
 JR直江津駅前で旧ホテルセンチュリーイカヤに、10月より新図書館がOPENしました。そこの1階イベントホールにて、川崎日香浬さんの個展 「川崎日香浬 金屏風絵展」−奴奈川姫と越後国頚城文化− が10月28日より開催されました。古事記にも登場する地元越後の奴奈川姫(ぬながわひめ)を題材に、新作も含めた金屏風を中心とした川崎さんの作品を展示。糸魚川在住の郷土史家、土田孝雄先生の講演会も開かれ、連日多くの来場者を集めました。
 
⇒ 上越市(直江津)学びの交流館 >>
 
「川崎日香浬 金屏風絵展」ポスター画像 「川崎日香浬 金屏風絵展」 - 奴奈川姫と越後国頚城文化 - 平成22年10月28日〜11月3日 上越市学びの交流館(JR直江津駅前 旧ホテルセンチュリーイカヤ)
  ≪個展案内ポスター≫

*クリックすると拡大
 


 
■  川崎日香浬作品展 H22.10
 
「糸魚川街なかコレクション」の中で、「奴奈川姫を描く」と題して、川崎日香浬さんの作品が数点展示されます。  とき 10月1日〜10月11日 ところ 糸魚川中心商店街 
 
 糸魚川市の中心商店街をまるごとギャラリーに見立て、街を散策しながら相馬御風などの展示作品を見てまわるというイベントです。その中で、下のちらしにも載っているとおり、「奴奈川姫を描く」と題して川崎日香浬さんの作品も数点展示されました。
 
⇒ イベントに関して詳しくはコチラ >>
 
「糸魚川街なかコレクション」ポスター画像 「糸魚川街なかコレクション」の中で、「奴奈川姫を描く」と題して、川崎日香浬さんの作品が数点展示されます。  とき 10月1日〜10月11日 ところ 糸魚川中心商店街 
  ≪イベントちらし≫

*クリックすると拡大
 


 
 
 
 
 
 
 
上越市で活動中の日本画家・川崎日香浬さんの作品紹介
「奴奈川姫」

屏風 四曲一隻
 
【  日本画  川崎 日香浬  略歴  】
 
2015年
11月8日 出雲国一宮 出雲大社
      「神在月 高志から出雲へ ―古事記編纂千三百年記念」奉納
      ○ 奉納記念祝賀会祝賀会(23日)
        「川崎日香浬 古事記編纂1300年出雲大社 日本画奉納記念祝賀会」
        会  場 諏訪湖ホテル
        主  催 奴奈川姫日本画展実行委員会
        出席者 170名
        来  賓 出雲市長長岡秀人 松江市副市長能海弘明
              諏訪市長金子ゆかり 糸魚川市長米田徹
              上越市副市長野口和広 安来市文化協会会長三島俊夫
              糸魚川市郷土史家土田孝雄

6月25日 信州国一宮 諏訪大社上社本宮 「御柱曳行絵図」奉納
      ○ 奉納記念祝賀会祝賀会(20日)
        「川崎日香浬 諏訪大社奉納祝賀会」
        会  場 諏訪湖ホテル
        主  催 野崎ふしみ
        出席者 76名
        来  賓 諏訪市長金子ゆかり 糸魚川市長米田通
              上越市長村山秀幸 上越商工会議所会頭田中弘邦

個展「諏訪大社奉納記念 川崎日香浬日本画展
     〜奴奈川姫と建御名方命―そして、出雲と大和〜」
    (長野県茅野市美術館)

2014年

個展「諏訪大社先行奉納展」
    (上越市大町 ギャラリー)

2013年

個展「神在月 高志から出雲へ」
    (上越市本町 アートサロン遊心堂)

陀羅尼八幡神社 子安社 天井画奉納
    (新潟県上越市)

「先代旧事本紀」現代語訳(批評社) 作品掲載

2012年

個展「奴奈川姫を描く」
    (糸魚川市  谷村美術館玉翠園)

2011年

個展 島根県古事記編纂千三百年祭「大国主命と奴奈川姫」」
    (島根県松江市 玉造温泉)
    主催 奴奈川姫日本画展実行委員会
    共催 (社)松江観光協会・安来市文化協会
    後援 島根県教育委員会 松江市 (社)松江観光協会
        山陰中央新報社 読売新聞社 朝日新聞社
        毎日新聞社 山陰中央テレビ BBS山陰放送
        玉造温泉ゆうゆ
    *記念講演会 出雲玉造資料館館長 三宅博士氏

2010年



2009年



  個展「越後国頸城文化」
    (上越市直江津 学びの交流館)
    *記念講演 全国諏訪大社連合会講師 土田孝雄氏

個展(柏崎市 ギャラリー)

個展「奴奈川姫 春舞」
    (上越市本町 大和デパート)

個展「奴奈川姫 金屏風に描く」
    (糸魚川市 青海文化会館きらら)

糸魚川市に金屏風四曲一隻を寄贈

個展(糸魚川市 街なかコレクション)
「高田の街を描く」絵ハガキセット原画絵制作
小林古径記念美術館運営委員任命

2008年



2007年





2006年
 

「奴奈川姫讃歌」作品掲載
越後湯沢町全国童画展 奨励賞(湯沢町買上)
中越沖地震チャリティー展(上越大和)

城下町高田花ロード 審査員
新潟県美術家連盟 会員推挙
新潟県芸術美術展覧会 奨励賞(以後、無鑑査)
アークベル展 新潟市長賞
文芸たかだ 表紙絵

個展(上越高田 ギャラリー)
新潟県芸術美術展覧会 35回記念賞
グループ展(東京 日本橋)
文芸たかだ 表紙絵


1978年、新潟県上越市生まれ 京都造形芸術大学大学院日本画科

新潟県美術家連盟会員
小林古径記念美術館運営委員

現在、上越市在住で日本画家として活動中
 
 
 
≪ 川崎日香浬さんの書籍・画集ご紹介 ≫
 
 
 
古典日本画で読む 神話絵本
お諏訪さま物語
2017年4月新発売!
 
古典日本画で読む 神話絵本 お諏訪さま物語
ハードカバー
カラー(絵本:カラー、解説:一色)
70ページ
 2017年4月発売
定価2300円(税別)
【購入方法】

@長野県諏訪
 以下にてお求めになることができます。
      SUWAガラスの里 諏訪市豊田2400-7

A上越市及び近郊の方
 以下にてお求めになることができます。
      お茶の川崎園 上越市稲田2丁目2-4


B
その他、遠方で郵送にて受取希望の方
 川崎日香浬活動事務局にて承っております。

  ⇒FAXによるお申込み (FAX注文用紙
    FAX注文用紙に必要事項をご記入の上、送信下さい。

  ⇒メールによるお申込み(jimu_kawasaki@yahoo.co.jp
    下記内容を明記の上、メールにてご注文下さい。
    @注文者住所・氏名・電話番号・メールアドレス
    Aご注文数(冊数)
    B書籍のお届け先住所・氏名・電話番号
    *事務局より、ご注文の確認メールが返信されます。
      そこに記載の送料を含めた代金を指定口座にお振込頂き
      入金確認後、商品の発送になります。
    *メールの返信まで数日かかることがございます。
      受信可能な設定をお願い致します。
 
*全国1万社を数える諏訪神社の総本社・信濃国一之宮諏訪大社のご祭神であるお諏訪さま、すなわち建御名方命(タケミナカタノミコト)
 のご活躍をまとめた本です。前半は、小学校高学年程度のお子様から大人までが楽しみながら読めるように、
 川崎日香浬さんの描いた日本画によって絵本になっています。後半では、絵本に描かれている物語の場面などを、川崎さんご自身が
 書物や神社伝承などから解説しておられます。
  お諏訪様のご活躍を、古事記の記載を飛び出してご生涯を通じて物語としたこれまでにありそうでなかった1冊です。
  ご当地諏訪の皆様はもちろん、多くの皆様からお手にとっていただき、お諏訪さまのことをもっと知っていただきたいという川崎さんの
 想いのつまった本です。
古典日本画で読む 神話絵本 お諏訪さま物語 古典日本画で読む 神話絵本 お諏訪さま物語   古典日本画で読む 神話絵本 お諏訪さま物語
 
□報道掲載ご紹介

*クリックすると拡大
平成29年5月3日
上越タイムス1面
平成29年5月10日
上越タイムス3面
   
平成29年6月22日
信濃毎日新聞
平成29年6月22日
長野日報
平成29年6月22日
茅野市民新聞
 
 
 
 
諏訪大社奉納記念
川崎日香浬日本画展画集
「奴奈川姫と建御名方命
ーそして、出雲と大和」
全カラー63ページ 2015年発売
定価2000円(税込)
   【購入方法】

@上越市及び近郊の方
 以下にてお求めになることができます。
   春陽館書店 上越市本町4丁目1-18
   お茶の川崎園 上越市稲田2丁目2-4


A
上越市より遠方で郵送にて受取希望の方
 川崎さんのブログよりお求めになることができます。
    ⇒「こしひかりのあとりえ
 
*2015年6月に信州諏訪にて開催された個展「諏訪大社奉納記念川崎日香浬日本画展」の際に出版された画集です。
 その後11月に出雲大社に奉納された作品「神在月 ―高志から出雲へ―」も含め川崎さんの作品が載っているほか、作品解説として

 川崎さんが日本画製作と並行して研究されている越の国の古代史・文化・伝承などが書かれています。
 
 
 
河村哲夫・志村裕子著
「景行天皇と日本武尊 列島を制覇した大王」
【購入方法】

@
全国の書店にて発売中です。
   発行:原書房

A
amazonにもあります。
3,780円 2015年6月10日発売
 
*川崎さんが表紙絵及び多数の挿絵を描いています。
 
 
 
 関連サイト
 
川崎日香浬さんの公式サイト 川崎日香浬さんの公式サイト。
 
小林古径記念美術館   小林古径さんは、上越市身で、近代日本美術史に功績を残した文化勲章受賞の
日本画家。上越市にある記念美術館のサイト。
 
日本画−Wikipedia 参考:Wikipediaによる日本画の説明。
 
こしひかりのあとりえ 川崎日香浬さんのブログ
 
 
 新潟県上越市で修理をメインとした自動車屋を営んでおります、渡辺自動車のホームページです。このページは、渡辺自動車が応援している、上越市在住の日本画家・川崎日香浬さんをご紹介しているページです。自動車とは直接関係ございませんが、当ホームページをご覧いただきましたご縁を頂戴し、是非、川崎さんの日本画に興味をお持ちいただけましたらと存じます。
 このページでは、日本画家・川崎日香浬さんの個展や作品展示の機会があればご紹介したり、川崎さんの作品の中から幾つか抜粋して画像掲載し、少しでもご紹介及び応援に繋がればと考えております。ご遠方の方はもちろん、特に上越市や周辺地域にお住まいの皆様が、個展等に足をお運びいただく機会になれば幸いです。宜しくお願い致します。by渡辺自動車
 
*当サイトの画像を含めた掲載内容全てにつき、無断で使用・複製・改変・公開及び散布することを禁止します。
 
HOME  渡辺自動車の修理について  すぐにご用意できる中古車  リ ン ク  会社概要  川崎日香浬  川崎園  松平忠輝公
 
このページでは、日本画家・川崎日香浬さんの個展や作品展示の機会があればご紹介したり、川崎さんの作品の中から幾つか抜粋して画像掲載し、少しでもご紹介及び応援に繋がればと考えております。ご遠方の方はもちろん、特に上越市や周辺地域にお住まいの皆様が、個展等に足をお運びいただく機会になれば幸いです。宜しくお願い致します。by渡辺自動車